© Copyright Mebuki since 2017 All rights reserved.

December 2, 2019

Please reload

最新記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

特集記事

キャンセルについて

November 12, 2017

 

産前産後は忘れっぽくなりがちですし、母子ともに体調を崩しやすかったり、子育て中は、なかなか時間通りに事が進まないことも多く、気持ちの浮き沈みも大きい時期ですので、急遽キャンセルしたくなることも多くあるのではないかと思います。なので、今まで9年間、キャンセルに関して、特に何も規定を定めていませんでした。心も体も軽くなってもらうための予約がストレスになってしまっては本末転倒だと思うからです。

 

しかしながら、無断キャンセルが増えてくると、やはり様々な面で問題が出てくるようになりました。予め、キャンセルのご連絡を頂いていれば、乳腺炎や腰痛などの急患の方の予約をお引き受けすることができたのに、お断りせざるをえなかったことも何度かありました。また、私事で申し訳ないですが、なかなか休みの日も子供達とゆっくり過ごせない中、キャンセルのご連絡さえ頂いていれば、その時間、我が子と1時間長く過ごせたのに、、、と切なく思うことも何度かありました。また今後は、産後ケア事業を展開するにあたり助産師を雇うことなるので、自分の時間のロスだけでは済まなくなり、人件費の損害という大きな負担も出てきます。

 

めぶき助産院は、マンツーマンでゆっくり時間をかけてママに寄り添うことを大切にしているので、必ず、一人の予約に助産師が一人、予約された方だけのために従事しています。助産師とママという関係は、信頼関係が何より大切と私は考えているので、本当は、戒めとなってしまうようなキャンセル規定は作りたくない。。。でも、このまま無断キャンセルが増えてしまうと、助産院を続けていけなくなってしまう現実が目の前にあり、助産院を続けていくためには、無断キャンセルを無くす何かを講じなければならないと感じました。

 

とてもとても悩みましたが、リニューアルに伴い、キャンセルの規定を作らせていただきました。詳しくは、「業務案内・web予約」のページをご参照いただけたらと思います。

 

苦渋の決断ですが、今まで以上のより良いケアを提供するために必要なこととして、これからも、より一層精進していく所存ですので、何卒、ご理解いただけましたら幸いです。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

タグから検索