3月31日(火) | 昭島市 武蔵野会館 1階 休養室

開催中止:いのちの話vol.2〜小学校低学年向け性(生)教育〜

 乳幼児向けいのちの話の続編、小学校低学年向けの講座です。  性の価値観は9歳までに根付くと言われています。商品化された歪んだ性の情報が入ってきてしまう前に、正しい性の価値観、土台を作っておく必要があります。「愛に基づき命につながっている大切なもの」という視点から話す性(生)教育は、子供達の自己肯定感を高め、「命、心、体を大切にできる人」を育てます。
お申し込みの受付は終了しました。
開催中止:いのちの話vol.2〜小学校低学年向け性(生)教育〜

日時・場所

2020年3月31日 13:00 – 15:30
昭島市 武蔵野会館 1階 休養室, 日本、〒196-0022 東京都昭島市中神町1172ー1

イベントについて

 乳幼児向けいのちの話の続編、小学校低学年向けの講座です。

 低学年向けの内容は、幼児向けの内容のおさらいから入り、より詳しくいのちの始まりの不思議と神秘について学びを深めます。幼児向けでは触れなかった第二次性徴(月経、精通)をメインに、性交について、体外受精についてなども、分かりやすくお話しすることもできます。講座で触れる内容については、参加される方との相談で決定しますので、話してほしい内容、話してほしくない内容など、コメント欄よりお知らせいただけたらと思います。すべての方のご要望にお応えすることはできません。

 大人の体になるということは、命を生み出すことができる体になること。命を生み出し育てていける大人になるために、自分や大切な人の心と身体を守っていける大人になるために、この時期とどう向き合っていけば良いのか、一緒に考えてみませんか?

 *幼児向けの講座のような親向けの講座は特別設けていません。申し込み時に、質問や知りたいこと、お子さんとのやり取りで困ったことなど、備考欄に書いてくだされば、講座の中で応えさせていただきます。

 *「いのちの話」は、vol.1〜vol.3まで連続した講座となっているので、できるだけ、近藤が実施した乳幼児向けのいのちの話vol.1(めぶき主催のものでも、保育園や幼稚園主催のものでも可)を先に受講してください。保護者の方がvol.1を受講していないと、vol.2受講後の家庭での対応や内容の理解に難しく感じることが生じるかも知れません。

 * お子さんだけでの参加はできません。必ず、保護者の方と一緒に参加してください。

対象:小学校1〜4年生くらいのお子さんとその家族、また、いのちの話に興味のある方はどなたでも

  (いのちの話vol.1を先に受講されることをおすすめします。)

会費:一回ひと家族1500円

★会館の駐車場が狭いので、お車でのご来場はご遠慮下さい。お車でお越しの方は、駅前のコインパーキングをご利用下さい。

*今後、新型コロナウィルスの感染拡大状況によっては、開催が中止となる場合もあります。参加を希望されている方は、ホームページをこまめにチェックしていただけたらと思います。

お申し込みの受付は終了しました。

このイベントをシェア